看護師が転職するのに良い時期は?

いずれ転職したいと考えていても、なかなかタイミングがつかめないという人も多いものです。

看護師の場合、自分のキャリアとして自信を持てる時期や、一年の中での転職時期などタイミングを考えてしまうことも多いでしょう。

経験者の体験談を含めて、看護師が転職するのに良い時期を検討してみました。

1. 看護師歴何年で転職?キャリアとしての転職時期

病院での看護師の採用担当者によると、看護師歴5年~6年でほぼ一人前ということでキャリアとして認められるといいます。

この時期にキャリアアップのために転職を考える看護師も多いのですが、仕事内容としては新人の指導やリーダーとしての仕事も期待されていると考えて良いでしょう。

総合病院勤務の場合、医師や他の医療スタッフとの連携が必要ですが、経験が浅いとコミュニケーションがうまく取れないことがあるため、5年未満の看護師歴だと即戦力とは言えないことも多いようです。

しかし例えば、まだ看護師歴2年だったとしても、今の職場ではキャリアにならないと考え、大きな病院へ転職するというように、目的がはっきりしていてその先長く働いてもらえるということが期待できる場合には、率直に伝えることで理解されますから、経験5年にこだわる必要はありません。

2. 何月が良いタイミング?1年の中での転職時期

経験者の声をまとめました。

「1月に転職したいと伝えたとき、3月までは働いて欲しいと希望され、円満退職のために3月いっぱい働いて4月から新しい職場へ移りました。この時期は区切りが良く退職者も多いようです。4月は新卒の看護師も入ってくるのですが、私にとってそれはキツかったです。処置の手順にも病院によって違いがあったりするため、新人に質問されても『自分もこの職場に来たばかりでよくわからない』と言わなくてはならなかったからです」

「ボーナスを満期で受け取って辞めたかったので、私のいた病院では6月まで働いて転職しました。中途半端な時期と思いましたが、7月には4月に入った新人看護師もほぼ落ちついていて、先輩看護師に質問する余裕があり良い時期だったと思います」

「辞めてから、次の職場での勤務まで少し休みたいと考え、12月にボーナスをもらって辞め、3月から新しい職場に転職しました。リフレッシュできた上、新人看護師が入ってくる前に慣れていたので良かったです」

まとめ

一年の中での転職タイミングに悩んでしまうことも多いと思いますが、経験談などから言っても「このタイミングなら絶対に大丈夫!」ということはなさそうですね。

また、看護師経験が5年に満たなくても、やる気と転職理由がしっかりしていれば転職時期にこだわる必要はないようです。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと