看護師の転職、2chは利用できる?

転職を考えている人は、看護師に限らず少しでも多くの情報を得たいことでしょう。
今はネットがありますから、膨大な量の情報があります。
ふだん利用している、ヒマなときに参加している「2ちゃんねる」は転職情報として活用できるでしょうか?

1. ネット上の匿名情報はあてにしないこと

ひとことで言って、匿名での掲示板、2ちゃんねるは信用しない方が良いでしょう。
参考程度になら、と言いたいところですが、まったく参考にしない方が良いと思います。

2チャンネルに限らず、もっともらしく書かれていても、その記事、情報が匿名でアップされているなら、ほぼ信用できる記事とは言えません。

もちろん、ふだん、好きな芸能人についてなど楽しく情報交換したり、ときにはストレス解消に愚痴を言い合ったりするのは自由ですし、それが自分にとってプラスならば続けると良いでしょう。

しかし、転職という大切なことを決める情報源として、2チャンネルは不向きです。

2. 勤務先の評判を知ることはできる?

いくら匿名とはいえ、掲示板に書き込む情報は正しいこともあるのではないか、と考えている人も多いのではないでしょうか。

たとえ、正しい情報があるとしても、そこにまったくの嘘が書かれていることもあるとしたら、それは情報として活用するには不安が大きすぎます。

たとえば、あなたが応募しようとしている転職先の評判や噂を2ちゃんねるで見てみたとします。患者側からの評判がひどく悪かったとして、それを信じてそこへの転職を見直すことになるかもしれませんね。

でも、その情報がただの逆恨みであったり、他の病院の評判を悪くすることが目的だったりしたら、どうでしょうか。本当は良い雰囲気の働きやすい職場だということも考えられるのではないでしょうか?

良い情報を信じるにしろ、悪い情報を信じるにしろ、どちらにしても匿名で書き込むことのできる情報というのはあてにならないものなのです。

信じられる情報があるとすれば、SNSの中でも匿名ではないフェイスブックや、自分の素性を明らかにしているブログなど、きちんと責任を持って自分の名前を出して書いている記事や情報です。

まとめ

ふだん、ちょっとしたストレス解消や情報交換に便利に使っていても、人生の大切な転機になる転職というときに2ちゃんねるはあてになりません。
参考程度、にも見ない方が良いでしょう。先入観というのは根強いもので、一度自分の中に入ってきたマイナスイメージを取り消すのはなかなか難しいと言われています。
適当に書かれた匿名の記事や情報で、自分の判断がぐらついて、せっかくのチャンスを逃してしまうことになってしまうかもしれませんよ。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと