看護師として病院の仕事に転職するには

看護師が勤務する施設として最も多いのが、病院です。

検査、外来、手術、入院患者さんのお世話と、様々な仕事がある病院。人気の病院では看護師の募集を出していないところもあるようです。

自分が希望する病院に転職するためには、どのような行動を取れば良いのでしょうか。

1. 情報収集は信頼できる人から

ネットの看護師求人サイトや、求人情報誌に求人を出していない病院に転職したいという場合、その病院の事務や経営陣に知り合いがいるかどうかを身の回りの人に尋ねてみましょう。

トップの人たちに知り合いがいなくても、その病院に勤務する看護師なら、知り合いがいる可能性は高いはず。学生時代の友人など、信頼できる人たちに声をかけてみましょう。

大学病院をはじめとする大病院は、看護師のレベルも高く、医療技術も最先端のため意識の高い、キャリアアップを目指す看護師が多く勤務しています。

つまり、簡単に辞めてしまう看護師が少ないということ。けれど、必ず辞める人はいますしその補充は必要ですから、採用もあるのです。

内部に知り合いがみつかったなら、今人員が不足していないか、募集はないか尋ねてみましょう。ドクターの紹介という場合も多いようですよ。

2. 採用されるためには頑張りが必要です

人気の病院で働きたい、やっとつてをたどって面接をしてもらえることになった。

そんなときは、これまでの転職とはちょっと違うという覚悟が必要です。なにしろ、人気の病院の看護師のレベルは高いので、相手の求めるレベルはこれまでとは違います。

ただ単に、よほど変な人かどうかを確認するための面接、つまり採用を前提とした面接とは違い、本当にこの看護師を採用しても良いかどうかを決める面接ですから、与える印象ややる気を伝える方法などはすこし考えて準備していくべきです。

具体的には、これまでの経歴などを記載した履歴書とは別に、今自分が、医療のどんな面に興味があり、どんなことを学んでいきたいのかをまとめたものを書いておくこと。これは、提出しても自分で面接に持って行ってもかまいません。

また、医療知識や経験を増やしたいというばかりではなく、患者さんにとってどんな看護師でありたいのか、これまでにはどんなときに看護師としてやりがいを感じてきたのかなど前向きなことを書いておくと、面接時に緊張しても、きちんと話ができるはずです。

まとめ

転職するなら、一生キャリアアップができる、人気の大病院に行きたい!!という、やる気のある看護師はそれほど多くはありません。

けれど、良い職場に勤務すれば、そうした看護師の場合辞めることはほとんどありませんから、しょっちゅう求人がでているわけではないのです。

せっかく看護師になったのだから、キャリアを重ねていきたいという人は、採用のチャンスを逃さないように頑張りましょう。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと