看護師の転職先、どこがいい?

転職を考えている看護師は多いと思いますが、ただ今の職場を離れたいという希望ばかりが先に立ち、転職先にまで思い至らない人も多いのではないでしょうか。

実は、看護師に限らず、転職がうまくいかない理由に「転職を急ぐ」つまり、「今の職場を早く辞めたい」というものがあります。

とにかく嫌になったから、辞めたいけれど、生活の不安もあるからすぐに仕事をはじめる必要がある、という人は注意が必要です。

看護師にはどんな転職先があるのか、まとめてみました。

1. 最も多いのは、やはり病院です

看護師のイメージ通り、やはり最も多い転職先は、病院です。

ひとことで病院勤務、と言っても、看護師の場合様々な形態があります。

夜勤も含めたフルタイム勤務の、正社員。看護師の中では最も多くの収入を得ることができます。

時給で働く、派遣やパートという働き方。結婚、出産、育児と人生のステージによって働き方を変える必要がある女性にとって、ある時期は時間給で働き、残業のない仕事をしたいということもあるでしょう。

また、正社員、職員として採用されても、例えば入院設備のないクリニックなどでは、外来の患者さんを診るだけという、夜勤のない仕事もあります。

2. 看護師が活躍できる職場

今でもすでにそうなりつつありますが、これからますます、高齢化社会になります。高齢者のめんどうを見るのは介護職の人々という印象がありますが、高齢化が進めば、病気をする人も増え、医師や看護師が不足するのは明らかです。

高齢者のための施設に、介護職だけではなく、医学知識のある看護師もさらに必要になっていきます。

その他、働く女性は子供を保育園に預けますが、病気のときは保育園では面倒を見てもらえません。そんなときに親が頼る「病児保育施設」なども看護師が活躍できる職場です。

また、高齢者が海外旅行などの長期旅行を楽しむようになり、旅行会社も添乗員だけではなく、医師や看護師を同行させることでサービスの度合いを高めるようになってもきました。

まとめ

看護師といえば、転職先は病院、とばかりは言えない時代です。自分にピッタリの転職先をみつけるためにも、焦らずに余裕を持って転職先を探して欲しいものです。

今の職場を離れたい一心で、転職先の仕事がどういうものか、収入はどう変わるのかなどを見極めない人は、転職後また、不満が出てしまい、転職を繰り返してしまうということになってしまう怖れがあります。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと