看護師が転職で高収入を希望する場合

転職の理由といえば、看護師に限らず『収入』『人間関係』のふたつは常にトップにあります。つまり、このふたつの問題は、誰にとってもなかなか満足いかないものなのです。
人間は、「あと2割収入が良ければ満足する」と口にしても、2割増しの収入を得た数ヶ月後には「あと2割……」という気持ちになってしまうものだと言われています。
だからといって、自分の働きに対して見合わない収入で働き続けるというのも納得いきませんよね。
転職で高収入を目指す看護師はどのような点に注意して転職活動をすべきかをまとめてみました。

1. 自分のキャリアとスキルに対する相場を把握する

看護師は肉体も精神も酷使する職業です。これは看護師に限らず忙しい職業に就いている人は皆そうだと思いますが、日々の業務を終えるとほっとするはずですし、そうした毎日を続けていくと、休日は身体の疲れ、心の疲れをとることで精一杯になってしまい、惰性で仕事を続けている状態になってしまいがちです。
高収入を希望して転職を考えるのであれば、これまでどのような施設のどのような仕事をどれくらいしてきたかというキャリアと、自分にはどの程度の仕事ができるのかを明確にできるスキルを洗い出してみましょう。
看護師の転職サイトには、相談できる窓口がありますから、自分のキャリアとスキルで妥当な収入はどの程度かを相談してみると、今の職場でもらっている給与が自分の価値に見合ったものであるかどうかを把握することができます。

2. とにかく高収入を、というなら

キャリアやスキルはある程度あり、とにかく少しでも高収入を狙いたいという場合は、通常の看護師の仕事からすこし離れて考えてみても良いかもしれません。
例えば夜勤専門の看護師として派遣で働く、美容外科クリニックの看護師として売り上げに対する歩合給がつく仕事をする(向いている人でないと高収入にはなりません)、お金持ちの老人を個人的にお世話するなどです。
2004年までは看護師の派遣はできないことになっていたのですが、法律改正によって今は派遣業務も多数あります。しかし、労働者派遣法は改正が多く今後どのように改正されるかわかりません。売り上げ歩合給も、頑張れば必ず売れるというものでもなさそうですよね。
短気で高収入を得ることも可能な看護師の仕事ですが、安定していないということは頭に入れておいた方が良さそうです。

まとめ

だれもが高収入になりたいと考えているはずです。看護師の仕事は、他の仕事の女性に比べ、大変な分だけ高収入と言えます。
しかし、それが自分の、看護師としてのキャリアやスキルに対して高収入と言えるかどうかは自分一人ではわからないものです。
看護師の転職サイトを利用して収入の相場を知ることも大切かもしれません。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと