看護師の転職・いつから準備するとうまくいく?

看護師が転職したいと考えたとき、いつごろから準備すれば転職がうまくいくのでしょうか。
辞めたいという思いが急なものであれば仕方ないかもしれませんが、看護師としてのステップアップやスキルアップを望んでいるなら十分に準備したいものですね。
いつから転職準備を始めたら良いのか、経験談も含めて紹介します。

1. 辞めたい理由がネガティブではないなら長期戦で

「転職したい!」という気持ちがどこから来ているかを考えたとき、それが人間関係だったりするとおそらくあと1年我慢して働くというのは辛いことになるでしょう。
また、今の収入に満足できないという場合も、どうにかやっていける場合と本当にもっと良い収入のところへ転職しないと収支が合わないという場合では転職準備期間は違ってくるはずです。
そうした理由での転職は、ストレスを溜めないためにも速やかに準備をして転職すべきです。
しかし、本当に看護師として成長できる職場へ転職したいという場合は、十分に準備期間を取る方が良いようですよ。

「以前の病院が嫌だったということはないのですが、高齢者や慢性疾患の落ち着いた入院患者さんが多く看護学校で学んだことをどんどん忘れていくような気がして焦りました。今より忙しくても急な残業があってもいいので高度急性期を担う病院に入職して看護師として成長したいという希望があったので、引っ越しをせずに条件に合う病院がみつかるまでに1年ちょっとかかりました」

2. いつから転職準備をはじめましたか?

「なんとなく転職したいとは考えていたので、すぐに辞めるわけではなかったのですが転職サイトはよく見ていました。2年くらいですかね。新しく精神科専門の病院ができることを知りすぐに応募しました」(30代・男性)

「私の場合、転職の3か月前からです。すぐに看護師専門の転職サイトから紹介があって良さそうだったので決めました。今はまた不満も出てきましたし、急いで転職する必要はなかったかも」(20代・女性)

「とにかくケアマネジャーの資格を取ってから転職しようと考えていたので私の場合は3年以上かけています。高齢者は増え続けますから価値があると思います。今は老健の施設長として頑張っています」(40代・女性)

まとめ

転職の準備に時間をかけるかかけないかは、目的によって違うようですね。
看護師としてこうありたい、こうなりたいといった具体的な目標のある転職の場合、流されることなく転職できる反面、時間がかかることは覚悟しなければならないようです。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと