転職して良かったと看護師が思うとき

転職を決める前は、様々な不安がつきまといます。
収入の面ばかりではなく、人間関係、働きやすさなど仕事には気になることがたくさんありますよね。
それでは、転職をして良かったと感じている看護師は、いったいどんな部分に対してそう感じているのでしょうか?
転職経験者の声を元に考えてみたいと思います。

1. 「転職して良かった!!」と感じたのはどんなとき?

「大きな病院へ転職したので人間関係が楽になった。以前のクリニックでは仕事が終わると看護師のほとんどがお茶しながら愚痴大会だったので、今はさっと帰れることが幸せです」(30代・女性)

「東京へ引っ越しできた。高校卒業のタイミングで上京したかったのに親の反対もありできなかったので。夜勤明けや休日が充実していて楽しいです。でも貯金はできなくなりました(笑)」(20代・女性)

「転職で、キャラ変に成功したため、嫌なことを嫌と言えて、ストレス激減。以前は新卒で、下手に出ていたら大人しい『言いなりキャラ』になってしまい先輩が威張りっぱなしで面倒くさかったので。今はごく普通に看護師のお仕事ができて嬉しいです」(20代・女性)

様々な「転職して良かった」の声を集めましたが、意外と収入面に関しての声は少なかったようです。
自分にとって嫌だったことが解決するなど、転職は個人的なことで「転職して良かった」に結びついていますね。

2. 転職前ともっとも比較してしまうところ

「給与明細をもらうと、もちろんその時は収入について考えますが、やはり日々の仕事がやりやすいかどうかは大切だと思います。僕の場合、新卒で精神科の専門病院へ入職したのですが、ドクターが身勝手な人のように感じてストレスが溜まっていました。今は総合病院で以前より10%以上収入は減っていますが、やりがいもあり充実した日々ですね」(30代・男性)
「人間関係がもっとも気になります。比較できるものではないというか、どの職場にもそれなりに嫌な人はいるとは思います。でも、どうしても解決できない問題を抱えていたら、もう転職するというのもありだと私は思います。偏頭痛や肩凝りなどが以前よりずっと良くなったのは、人間関係が良くなったからだと思っています」(30代・女性)

転職前に人間関係で悩んでいた場合は、やはりその部分をいちばん比較してしまうようですね。以前の人間関係の方が良かった、という声も中にはあるのですが、そういう人は収入面が良くなったりしていて、一概にどちらが良いとは言えないようです。

まとめ

転職して良かったかどうかは、まさにその人それぞれの感じ方によるのですね。他人から見たらあまり良くなさそうな転職だとしても、本人がそれに満足していればまさに転職して良かった、という結果だと言えるのです。
自分は転職して何を叶えたいのか、どんな悩みをなくしたいのかを明確にしてから転職に望むと結果もわかりやすいのだと感じました。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと