美容関連の看護師の仕事に転職するには?

若い女性なら誰もが興味のある、美容。医療の世界では、美容外科や美容皮膚科などがあります。

美容外科も美容皮膚科も看護師の転職先として人気です。美容関連の看護師の仕事に転職する場合、何が求められているのでしょうか。

1. 経験や技術よりも向上心が必要

例えば美容外科と聞くと、転職前の仕事でオペをたくさん経験していることが必要に感じる人も多いと思います。

しかし実際に採用側の声を聞いてみると、「前職でのオペ経験はもちろん、ないよりはある方が良いですが、それ以上に求められるのは、美容に興味があり、様々なことを勉強しようとする態度、そして、患者さまの気持ちを理解してフォローできるようなハートです」ということでした。

日進月歩の最新美容技術ですから、ずっと同じ仕事をするということはなく、常に新しいことを学ぶ姿勢が必要なのですね。

2. 保険診療のあるクリニックもあります

美容関連のクリニックというと、保険診療が効かず、すべて自費負担という印象も強いのですが、うまれつきのあざや皮膚炎、事故による怪我の痕の治療など、保険診療があるクリニックも多数あります。

採血や点滴なども行われますから、看護師としての技術はひととおり必要になります。けれど、結婚や出産、育児によるブランクについてはあまり心配しなくても大丈夫とのこと。きちんと先輩について指導を受け、できるようになったことから任されていくという、アットホームなクリニックが多いようです。

まとめ

まだまだ女性の多い看護師の世界。美容に興味のある女性にとって、美容関連のクリニックに転職するのは、きっとやりがいのある仕事になることでしょう。

それぞれのクリニックでは、従業員割引で施術を受けることができたり、扱っている毛書品などを割引で購入することができたりと、美容に関心のある看護師にとっては嬉しいメリットもあります。

また、入院設備がなく夜勤がありませんから、日中だけ看護師の仕事をしたいという人にはぴったりの仕事です。

クリニックによっては、『業績給』といって、売り上げに応じた毎月の臨時ボーナスが支給されるところもあるようですから、忙しいときにも張り合いがあり、モチベーションを保つことができる仕組みになっているのですね。

美容が大好き、という看護師は美容関連のクリニックを転職先に選ぶのも良いかも知れません。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと