看護師が日勤のみの職場に転職をするときの注意点

「自分が看護師に向いていない」と感じる人の中には、どうしても不規則な生活に身体が慣れずに辛いという人もいます。
そうした人は看護師の仕事自体が嫌になったわけではありませんから、日勤のみの仕事に転職して看護師を続けたいと考えるでしょう。
日勤のみの看護師の仕事に就いて解説していきます。

1. 今の病院でも日勤のみの勤務が可能かどうか

今は夜勤がある常勤の病院勤務だとしたら、同じ病院で日勤のみの仕事に変われるかどうか尋ねてみるのも良いでしょう。
パート扱いになり時間給になるのか、その他の扱いがあるのかを尋ねることで転職するかどうかの目安になります。

パート扱いにならなかったとしても夜勤手当はなくなるわけですから、収入減に関しては覚悟が必要です。

大規模な病院なら看護師の人数も多いため、夜勤をなくして欲しいという要望を受け入れてもらってもそのまま勤務できることが多いようですが、看護師の人数が少ない職場では場合によっては「特別扱い」に嫉妬されることもあるかもしれません。働きにくくなることが予想できるようなら転職を考えたほうが無難かもしれませんね。

2. 日勤のみの働き方は多種多様です

看護師が日勤のみで働きたいという要望は難しいことではありません。

・パートタイムとして
病院では外来の看護師など日勤のみの看護師の募集も出ています
・派遣看護師として
即戦力になる経験があればパート採用より時給は良いことが多いです
・企業で
地方では必要としている会社は少ないかもしれませんが、常駐医師や看護師を求める企業もあります
・病院以外の施設で
福祉施設、老人福祉施設、保育園、幼稚園などで募集が出ています
・日本赤十字社の献血看護師として
日赤病院では通常の看護師を募集していますが、血液センターでは献血を担当する看護師を募集しています
・他の資格を取って
養護教諭、保育士、保健師、ケアマネジャーなど他の資格を取得すると日勤のみでも収入の心配はないでしょう

まとめ

ブランクがあると看護師として働くことに自信が持てなくなる人も多いようです。夜勤が原因で身体や精神を壊してしまい看護師ができなくなってしまう前に、日勤のみの勤務で看護師を続けることを考える方が良いでしょう。
日勤のみの仕事しかない職場なら働きやすいでしょうし、派遣看護師なら人間関係に煩わされることもなさそうですね。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと