看護師が転職で大学病院を希望する場合

看護師としてのスキルアップをはかりたい、最先端の医療を学んでいきたいという看護師の中には、大学病院での勤務を希望する人もいるのではないでしょうか。
しかし実際に大学病院に転職できる人はほとんどいないのが現状でしょう。
募集を出すことが極めて少ない大学病院への転職ノウハウをまとめました。

1. コネクションは自分で作る、探すつもりで

大学病院の多くは、その大学の看護科を卒業する新卒者を採用し、プリセプター制度できちんと仕事を覚えさせてベテラン看護師へと育てます。
新卒で大学病院へ入職したいという希望者は多いですから、やる気のある優秀な看護師が選ばれますので、辞める人も少ないためあまり求人が出ないのです。
しかし、ハードな職場ですから、結婚や出産を機に大学病院を辞めて転職したり看護師を辞めたりする人ももちろんいます。
そうしてできた空きは、募集しなくても口コミで応募者が集まるというのが実情のようです。
そう聞くと、自分にはコネがないから無理、と思ってしまう人もいるかもしれません。確かに、大学病院関係者が自分の親だったり親戚だったりといったコネがある人もいるでしょうがほとんどの人はそうではありません。
コネクションは自分で作る、探すという気持ちで行動すればきっとチャンスはみつかります。

2. コネクションの見つけ方

大学病院関係者にまるで知り合いがいなくても、まずは事務所へ電話で問い合わせてみましょう。単純に「スキルアップのためそちらで働きたいのですが、今看護師の募集は出ていますか?」とストレートに尋ねることです。
案外あっさり「ちょうど今募集していますよ」ということもあるかもしれません。
募集が出ていない時期が長いようでも諦めることはありません。まずは看護学校時代の先生で、付属の病院がある大学を卒業している人をみつけます。ほとんどの先生は大学の看護科を卒業しているでしょうからコネクションができるかもしれませんよ。
今働いている病院でも、休憩時間には医師や他のスタッフとも話をするように意識して、大学病院に勤めたいので紹介してくれる人がいたら教えてほしいと伝えておきましょう。あまり期待はできなくても、声をかけておくことが何かにつながらないとも限りません。

まとめ

大学病院で働きたい!!という強い意志があればきっと道は開けますから、口に出して情報を集めるようにすることが大切です。
学生時代の先生に声をかけたり、自分で直接働きたい病院へ尋ねることも有効ですね。
そして何より、「あの人になら紹介してあげたい」と思われるような看護師になることも必要だと思います。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと