看護師の転職、男性が注意すべきことは?

最近は男性看護師も多く見かけるようになりました。とはいえまだまだ女性の数のほうが多い看護師の業界で男性看護師が転職する場合、注意すべきことはどのようなことでしょうか。
採用担当者の声も交えてまとめました。

1. 総合病院でも歓迎されています

男性看護師を採用する病院の側から見た場合、どのような存在なのでしょうか。
総合病院の採用担当者の話です。
「病棟でも、男性看護師が配置されているナースステーションは雰囲気が良いんですよ。不思議なことですが、おそらく男性看護師が女性の多い職場でひとつのクッションのような役割を果たしているように感じますね」
以前は男性看護師に対して女性の患者さんが違和感を訴えることもあったようですが、今ではほとんどそのようなことはなく、逆に年配の女性患者さんからは人気の存在になっていることもあるといいます。
また、病院でおこなうイベントの実行委員会などではやはり決断力と実行力のある男性看護師はとても重宝なのだそう。必要とされるということは、やりがいを感じるということですよね。

2. 男性がとくに求められる職場は

以前からそうでしたが、やはり精神科では男性看護師が必要とされています。
どうしても暴れてしまう患者さんを抑えるとき、やはり体格も良く力のある男性のほうが無理なく患者さんを抑えることができるからです。
また、女性なら感情的になってしまう場面でも男性看護師は落ち着いて行動できることもあるため、精神科で活躍する男性看護師は多いのです。
また、救命救急の現場でも男性医師は活躍しています。医師の片腕となるために勉強は欠かせない職場ですが、やりがいも人一倍です。本気で看護師としてスキルアップしたいという男性看護師は救命救急センターのように直接人の命を救う実感のある職場を選ぶようです。
他にも、子どもが好きな男性看護師なら小児科の病棟でも歓迎されるようです。付き添いはやはり母親が多く、看護師も女性が多い小児病院では男性看護師が空気を変えてくれて子どもたちにも人気なのだそうです。

まとめ

まだまだ女性に比べれば少ない男性看護師ではありますが、活躍の場は広がっているようですね。
総合病院の採用担当者の話では、70代以上の女性患者に人気の若い男性看護師もいるとのことでしたよ。その看護師は常ににこやかに患者さんと接するため人気があるのだそうです。笑顔の大切さは男性看護師も同じなのですね。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと