看護師を辞めて転職、別職種に就く際の注意点

看護師を辞めて転職しようとするとき、看護師の仕事自体に疲れ切ってしまっている人は、別の職種を探してみることもあるでしょう。
学生時代から看護の勉強をしてきて、病院勤務してきた看護師ならほとんどの人が、他の職種に就くことに不安があると思います。
看護師が別の職種に転職する際の注意点をまとめました。

1. 接客、営業が最も多いと覚悟して転職活動を

転職は、自分にとって人生の大きな変化ですよね。どんな仕事に就こうかと考えることも普段ならないことです。
では、採用する企業側は社員を大勢いるうちの一人だから適当に選んでいるかと言えばそんなことはありません。企業側にとっても採用は大きなチャレンジなのです。
基本的に企業は、物やサービスなど何かを提供してその代金をもらい、利益を出しています。もっとも無駄のない採用は、モノやサービスを「提供する人」を雇うことです。つまり、接客や営業の仕事が最も多いと考えておいてください。
「人にものを売りつけるなんて嫌だな」という印象があるようなら、看護師を続けた方が良いかもしれませんよ。

2. 看護師の仕事を振り返ってわかること

転職して別職種に移りたいと考えているような人は、看護師の仕事が嫌になっているかもしれませんね。
別職種に転職する前に、看護師で嫌になってしまった部分を一度振り返っておくと良いですよ。嫌になってしまったのが先輩との人間関係だったとすると、他の職種にもそうした部分はあると予想できますね。
看護師の仕事の大変な部分が嫌になってしまった、例えば汚物の処理や患者さんからのクレームなど他の人からはあまり見えないところだったとします。
他の職種にもそうした見えない部分はたくさんあります。例えば、居酒屋の店舗やカラオケ店では週末のトイレ掃除に追われるといいます。
看護師と同様、どの職種にも嫌な部分はあると想像してみると覚悟が決まるかもしれませんね。

まとめ

別の職種に転職したい、と考えたことのある看護師は多いものです。実際に転職してからの「こんなはずじゃなかった」を経験するのは少々大変ですから、自分の中でもう一度よく考えてみることが大切ですね。
それでも、どうしても看護師を辞めたいというならきっと、覚悟は決まっていますから転職もうまく行くでしょう。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと