看護師のための転職の仕方アドバイス

看護師が転職したいと考えたときに、どのような方法があるのでしょうか。
看護師の転職の仕方について、調べてみました。

転職とひとくちに言っても、今の職場が耐えられなくて、すぐにでも転職したい場合や、とくに急がないけれど、できればもっと良い待遇の職場に移りたいという場合など、様々だと思います。

ここでは、転職希望者の状況別に、看護師の転職の仕方をまとめました。

1. もう我慢できない!!今すぐ転職したい人は

同じ病院内での異動だとしても、上司が替わっただけで働きやすさはずいぶんと変わることがあります。

また、新人が後輩として入ってきたけれど、自分がどう頑張って指導してもまったく相手に伝わらず、新人教育に対して自信をなくした、など、今すぐ辞めたくなっている人はどんなふうに転職するのがいちばん良いのでしょうか。

まずは、信頼できるまわりの人をみつけて、相談するところからはじめましょう。
どうせ「辞める」と覚悟したのですから、いい格好をする必要はありません。上司の不満であれ、後輩のやる気のなさであれ、相談してしまいましょう。場合によっては、転職までしなくても、悩みが解決することもあります。

しかし、相談した上で、やはり転職しかない、という判断になったとしても、やはり、他人に相談するのは転職のいちばんの近道なのです。

ベテラン看護師ほど、看護師の世界で知り合いが多く、紹介してもらえることもありますから。

たとえ「すぐに辞めたい!!」としても、辞職願を提出してから1ヶ月は引き継ぎなどきちんと済ませて、気持ちよく退職するようにしてくださいね。

2. いつかはもっと良い職場に!!時間をかけて転職したい人は

今の職場でも働いてはいけるけれど、自分はもっとキャリアアップ、スキルアップしたい、他の業種で看護師の資格を活かしたいなど、様々な理由で転職を考えている人は、まずは情報収集からはじめるのが良いでしょう。

看護師転職サイトを見るのも良いですし、登録してみて様子を見るのも良いでしょう。

また、最近は病院のホームページにも、看護師の仕事内容やタイムスケジュールが載っていることもありますから、2交代制なのか3交代制なのかなどわかりますし、少々時間はかかりますが、情報を集めることはできます。

たくさんの情報を集めることで、自分の中での転職希望の方向性もはっきり見えてくるでしょう。

その上で、これはいう転職先があれば応募し、採用されたら働き始める時期を相談しましょう。今の職場に迷惑をかけないよう、きちんと辞職願を提出し、すっきりと辞めるように気をつけます。

まとめ

看護師の転職の仕方には、大きく分けると、身の回りの人に紹介してもらうことと、自分で情報収集することの二通りあります。

どちらで転職するか、すぐに決めずに、自分の心がハッキリするまでは情報をあつめ、様子を見ることが転職の失敗を防ぐ方法のひとつではあるようです。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと