20代で看護師が転職を考えるのはちょっと待った方がいいかも

20代で看護師としての転職を考えている人は、どんな理由で転職をしようとしているのでしょうか。

多くの人は「今の職場をとにかく辞めたい」という理由から転職を考えるようですが、そうした理由での転職はあまり良い結果を生まないようです。

転職を繰り返すことになったり、次の転職では看護師という職業自体をやめてしまったりといった残念な結果にならないために、20代の転職では何に気をつけて転職活動をすべきなのかを考えてみましょう。

1. 30代で看護師としてどう活躍したいかを考える

20代というのはまだ若いからでしょうか、あまり先のことを考えずに行動してしまうことがあるように思えます。

仕事をしていると、学生時代と違って月日の経つのはあっという間です。気がついたら30代に突入している、と覚悟しておいてください。

今の職場でも学生時代の実習先ででもいいのですが、看護師としてのロールモデルになりそうな人はいませんか?30代の先輩で、「自分もあんなふうに仕事ができる(あるいは、患者さんに優しい、後輩に親切、人望があるなど)看護師になりたい」という実在の人をみつけると、30代の自分の理想の姿をイメージしやすくなります。

女性の多い職場ですから、多くの人が「結婚、出産、育児」なども30代で経験するかもしれませんね。そうしたプライベートなことも含めて、看護師としてどんな30代を過ごすのか、しっかり考えてみましょう。

2. 目標とする看護師に近づけるような職場を探す

看護師という職業が嫌になったのではない、あるいは看護師としてよりスキルアップしたい、ということで転職するなら、先ほどイメージした30代の自分は、どんな病院で看護師をしているのか考えてみてください。

たくさんの後輩を指導しているような人気のある先輩看護師になりたいなら、小さなクリニックではもちろんダメですよね。自分がなりたい看護師が実現できる職場をみつけましょう。

「30代までにまた転職すればいい、とにかく今の職場を辞めたい」などと考えて安易に転職しないことが大切ですよ。

何度も言いますが、あっという間に20代は終わってしまうものです。20代に努力しておけば、30代で後悔せずに済むと思えば頑張れるでしょうか。

まとめ

自分の将来をしっかりイメージするということは、看護師に限らず他の職業の人でもなかなかできていない人が多いものです。

漠然と生活していると、ぼんやりと「人並みに結婚して子供はほしいなあ…」なんていう程度しか見えてこないものなのです。

20代のうちに転職したいという気持ちが湧いたのなら、一度しっかりと自分のための時間を取って自分と向き合い、将来をイメージしてみましょう。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと