看護師の転職で人気の職場情報は信頼できる?

転職を考えている看護師のほとんどは、なんらかの形でネットから情報を得るはずです。

転職サイトを見る、人気の病院を調べる、転職経験者のブログを読むなど、中には参考になるものもあるでしょうし、いったい何を根拠に情報を出しているのかわからないものもあるでしょう。

転職にかかわらずネットから情報を得るときにキーワードとして入れる「人気」という言葉。サイトが発表している「人気ランキング」。信憑性はいかがなものなのでしょうか。

1. 「人気」で調べても本質はわからない

転職する際には誰もが少しでも良い情報を得たいと考えます。看護師の転職情報にかかわらず、グルメにしても美容系にしても口コミ的な情報は信用されやすいようです。

ランチ程度なら「人気」で調べてお店を決めてランチを食べに行って、もしがっかりしても「まあ仕方ないか」で済むでしょう。美容室やエステも1回くらいならネットの情報を信頼して出かけて、あまり良くないお店だったとしても「まあいいや、もう行かない」程度でしょうね。

とはいえ、自分の転職先を「人気」で決めるわけにはいきませんよね。それでも「人気」を調べてしまうのは、やはり少しでも情報を集めたいからに他ならなでしょう。

そうした「人気」情報を求める人がいる限り、情報を提供することで利益を得る人はじぶんに都合の良い情報を流すはずですよね。つまりネットで情報を集めても本当のところはわからないと言えそうです。

2. 「人気」の実情をよく見てみると

例えば「看護師の転職に人気の病院」を調べてみると、確かに「人気の病院」がランキングで発表されているサイトがみつかります。

そこで、いったいどのような情報からランキングしているのかを見てみると、わずか10人の看護師に尋ねているだけだったり(それすら本当かどうかわからない仮名で)、病院のHPアクセス数と平均滞在時間を元にポイント化していたり、あまり有効とは言えない情報が散乱しています。

病院のサイトへアクセスするのは、大病院の場合は転職希望者よりもその病院の診察科目や設備などの情報を知りたい患者の方が多いのではないでしょうか。また、わずか10人の看護師の意見を「人気」としてランキングすることに意味はあるのでしょうか。

まとめ

今回はネット上の「人気」情報について考えてみました。これまでも何度かこのようにネット上の情報について調べたことがありましたがやはり、信憑性という面では今ひとつのように感じます。
転職というのは看護師でないとしても人生の中で大きな決断に含まれると思います。そのように大切な決断を左右する情報をネットのように「誰かが操作できる情報」だけから集めて信用してしまうのは問題がありそうですね。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと