看護師が自分で転職活動をする際のコツ

転職を考え始めたら、看護師に限らず多くの人はネットで情報を集め始めるのではないでしょうか。
今は多くの転職サイトがあり、特別に出向いたり自分の情報を相手に提示したりしなくても転職に関する情報を気軽に得ることができます。
しかし、そうした情報の氾濫は転職の成功につながっているのかは疑問です。
転職目的や動機がハッキリとしていて、転職するという強い意思があるなら自分で転職活動をすることもできます。看護師のような国家資格を持っていればなおさらです。
自分で転職活動をして成功に結びつける方法をまとめてみました。

1. 転職動機、次の職場に求めることをハッキリさせておく

自分で転職活動をするということは、身近な人たちに自分の転職を知らせる必要があります。その際、なぜ転職したいのかを明確にして伝えることで相手の共感や信頼を得ることができますから自分の中で整理して、具体的に説明できるようにしておきましょう。
転職をするというと、今の職場の中には面白く思わない人もいるかも知れません。場合によっては、次の職場のあてができるまでは今の職場の人には伝えないという判断も必要になるかもしれませんね。
転職の紹介を依頼するときに、今の職場の事務長などにお願いすることがあれば、現場の職員にはまだ話さないでくださいとお願いしておけば、今の職場で働きにくくなることはないでしょう。

2. 普段からコミュニケーションを密にする癖をつけておく

看護師という仕事柄、人と話をするのがとても苦手、という人は少ないと思います。
ところが、看護師同士はよく話をしたりプライベートでもつきあったりイベントを開催したりしていても、病院内の他のスタッフとはそうでもないという人も多いようです。
自分で転職活動をするなら、できるかぎり多くの情報や紹介を得ることが重要ですから普段から他の医療スタッフやできれば医師や事務の担当者とも親しくなる努力をしておきましょう。
総合病院の採用担当をしている事務長のお話です。
「普段から挨拶だけでなくひとこと話しかけてくれるタイプの看護師は、やはり印象が良いと思います。僕たちも横のつながりってありますから、転職を相談されればその看護師がどういった環境を望んでいるのか聞いて、できる限り力になりたいと思いますよ。もちろん、自分の病院の都合もありますから、引き止めることもありますが(笑)、基本的には本人が良いようにしてあげたいと思いますね。逆に、普段全く話もしていないと、アドバイスも何もしようがない、といった感じです。辞めるならしかたないね、くらいです(笑)」

まとめ

自分で転職活動をするというのは、自分のこれまでの看護師としてのキャリアに自信があるということです。たとえ勤続年数が少なくても、転職の目的がキャリアアップ、スキルアップだとしたらまわりの人も協力を惜しまないでしょう。
人との関係を良くしておけるということも、自分で転職する重要なスキルになるはずです。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと