看護師の転職フェアってどんなものですか?

正社員は生涯雇用があたりまえとされていた以前と違い、今は働く人の能力や要望に合わせて転職をすることが当たり前になっています。

看護師も同様、自分の働く場所は自分で選ぶ時代です。

「看護師の転職フェア」に行ったことがありますか?看護師だけの「転職フェア」はどんなものか、また利用の際の注意点も合わせてお伝えします。

1. 看護師の転職フェアってどのようなもの?

転職フェアは、転職サイトなどが主催になって、求人を出している企業を集め、それぞれのブースを用意して開催されます。看護師を必要としている病院だけでなく、老人介護施設やその他の企業も集まります。

転職フェアの開催に先駆けて転職希望の看護師を集めて、フェア当日は多くの看護師がそれぞれの企業ブースを訪れるという方法をとります。

転職希望者にとっては、気軽に複数の企業を見て資料をもらい、比較することができる良い機会です。その場で転職を決めることはほとんどなく、希望者は後日改めて面接を行います。

2. 各地で開催されている「看護師の転職フェア」

看護師のための転職フェアは、各地で開催されていますから、上手に利用すると良いでしょう。

看護師が転職を希望する際、大きく分けてふたつの理由があります。それぞれ、転職フェアをこのように利用すると効率が良いと思います。

○「スキルアップ、年収アップを目指したい」という看護師の仕事をより充実させたものにするための転職。

例えば、今は地方に住んでいて、自分がさらに高度な技術を学べるような病院が近くにないという場合。転職に伴って引っ越しをしても良いという場合は、都心で行われる転職フェアに出向くと、どのような施設があり、収入の相場がどれくらいなのかなど、おおまかに把握することができるでしょう。

また、各ブースの担当者に「引っ越しをする」という相談をすれば、病院に寮がある、住宅手当が出るなどの情報を教えてもらえます。引っ越し費用を負担するという施設もありますよ。

逆に、都心での看護師の仕事に疲れ、収入はダウンしてもいいからもう少しゆっくり働きたいというときには、希望する地域での転職フェアに出かけてみるのも良いでしょう。

○「今の職場では希望の働き方ができない」という看護師の事情による転職。

看護師には女性が多いですから、人生の大きな転機には働き方を変える必要が出てくることが多いものです。

結婚、出産、親の介護…。様々な事情で今の職場で働き続けることが無理という場合、その理由と希望条件を相談すれば、自分に合った職場をみつけることができます。

それぞれのブースで、直接質問することができるというのも転職フェアのメリットです。

自分のスキルで転職しても問題ないのか、どの程度の人材を求めているのかなど、それぞれのブースを回って把握すると良いですね。

まとめ

「転職フェア」は、求人を出している企業側が「さあいらっしゃい」とばかりにブースを並べていますから、転職希望者が「どれにしようかな♪」と選べてしまうように錯覚することがあります。

実際は、各企業側も人材を見極めているのです。ですから、転職フェアでは「自分はこういう仕事がしたい。休日はこれだけ欲しい。収入はこれだけ必要」などと自分側のことばかり考えていると、うまくマッチングできません。

「この企業はどんな人材が欲しいのかな」という目で見ると、かなり自分の希望に合った職場をみつけることができると思います。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと