看護師の転職失敗とはどういう場合?

転職というと「成功」「失敗」という表現で結果を尋ねられることがありますよね。
看護師の転職では、何が「成功」で何が「失敗」になるのでしょうか。
看護師に限らずどの仕事も、比較できない部分はありますから、なかなか成功か失敗かを判断することはできないかもしれませんが、経験者の体験談などから参考になる部分があればと思います。

1. 「転職失敗した~!」と思ったのはどんなとき?

「基本給は前の職場より高かったのに、諸手当が少なくて、月給の手取りが下がったとき」(20代・女性)
「私を含めて看護師が二人しかいないクリニックなのに、もう一人と気が合わないとわかったとき」(30代・女性)
「友達が外科病棟で出会ったバイク事故の患者さんと付き合うようになったのを聞いて、外科病棟のある職場へ転職。希望通り外科病棟勤務になったのに半年間ずっと患者さんは年配者ばかりだった」(20代・女性)
「ボーナスがビックリするほど少なかったとき」(30代・男性)

2. 前の職場との比較ばかりではないようです

転職したい、と思うということは、それまで働いてきた職場に不満がある場合が多いはずです。だとすると「転職失敗」は、前の職場と比べて悪くなっている、ということになりますよね。
比較するものが、給料なのか人間関係なのか、それとも他に何かあるのかは人によって違うでしょうが、自分が「変えたい(良くしたい)」と思った部分が改善されなければ、転職失敗となってしまうようです。
体験談にもあるように、友人からの情報(外科病棟で彼と知り合った)を参考に転職した場合などは、「こうなりたい(自分も出会いが欲しい)」という要望が叶わなかった場合、転職失敗と感じてしまうので、前職との比較ばかりではなさそうですね。

まとめ

転職失敗!!と感じる瞬間はあっても、看護師の仕事にはときに感謝される瞬間や、やりがいを感じる瞬間、自分で自分を褒めたくなる瞬間があります。
以前取材した女性も、いきなり意地悪な上司に注意されて「うわあ、転職しなければよかった~」と後悔した数日後、ドクターから「さすが○○先生(ドクター)のところにいた人は違うね」とスキルを認められ、「転職してよかった~!」と感じだそうです。
また、給料はぐっと下がったけれど、チームワークの良い職場でストレスが激減し、頭痛や腰痛が良くなったという看護師もいます。
ある面から見たら「転職失敗」でも、別の面から見ると良いこともあるという当たり前のことかもしれませんが、看護師だからこそのやりがいが救いになることも多いのかもしれませんね。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと