50代の看護師が転職するには

看護師としては超ベテランといえる50代ですが、過酷な仕事に対する体力には少々不安があるためか転職を考える人は少ないようです。

今の職場に何らかの不満を抱えながらそのまま定年まで勤めるのはどうしても嫌だ、と感じたら、転職活動をしてみてはいかがでしょうか。

50代の看護師が転職する際のポイントをご紹介していきましょう。

1. 夜勤のない職場を選ぶのもありです

様々な経験を積んだベテラン看護師にしかできない気づかい、緊急時の対応などは50代看護師の強みです。きっと転職先でも役立つことでしょう。

しかし、不規則な勤務の続く病棟勤務は体力的に難しくなってきたと感じているのではないでしょうか。

夜勤勤務は確かに手当てがある分だけ収入は増えます。けれど健康に勝るものはありませんから、無理して続けることで身体を壊すようではいけません。

夜勤のない職場、または夜勤をしないという条件で転職を考えることも視野に入れましょう。

これは一例ですが、50代ベテラン看護師のS子さんは、国内クルーズ船のスタッフとして採用されました。よほどのことがない限りは夜起こされることもなく、日中も船酔いなどの軽い症状に対処する程度。年配の方の健康不安にこたえて話し相手になることもあるのだとか。病棟勤務の激務と比べかなり楽になり、その上夜勤をしていたときより収入は上がったのだそうです。

2. 責任者の職を引き受ける覚悟があるなら

看護師として長く病院で働いてきて、そのキャリアを活かして転職したいというなら、責任者の立場になる覚悟は必要になるでしょう。

主任や看護師長など、肩書がつくのが苦手、という女性は多いものです。しかし、これまで長年、多くの看護師と共に仕事をしてきたという経験は、後輩たちのために活かすべきではないでしょうか。

自分はこういう部分が働きにくかった、ということがあれば改善していったり、看護師同士の人間関係の改善をしたり、50代になるまで看護師をしていたからこそできることがあるはずです。

若い看護師が多いため経験が浅い人が多く、ベテランの責任者を求めているという職場も少なからずありますから、一度求人に目を通してみると良いですよ。

まとめ

これまで問題なく働いてきた職場で定年までずっと働くという選択も、もちろん50代の看護師ならあるでしょう。しかし、何の問題もなく、ということは給与面などの待遇を疑ってみることも必要です。本当ならばもっともらえているかも知れないですよね。
昔の50代と違い、今の50代は若く、まだまだ先は長いと考えるなら転職について調べてみるのも良いでしょう。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと