看護師の転職、志望動機はどう書けば好印象?

転職するときに必須なのが履歴書ですね。
看護師の転職でもっとも重要なのが志望動機です。どのように書けば良い印象を持たれるかには、ちょっとしたコツがあります。
下書きをした文章を見直す際に参考にしてみてください。

1. 抽象的ではなく具体的に書くと理解されやすい

履歴書の志望動機欄に何も書かない人はいないと思いますが、あまりに短くて抽象的なのは印象がよくありません。

志望動機を書くときには、必ず別の用紙に下書きをして、納得のいく文章になってから清書するかプリントアウトするようにしましょう。

×抽象的な書き方です

患者さんのために一生懸命働ける職場だと思ったのでこちらの病院を志望しました。

○こう書けば具体的で好印象!

褥瘡リンクナースを配置していると伺い、患者さんのためになることを実践している病棟だと感じました。多くのことを学べると思い志望しました。

具体的にどのようなことが学びたいのかを書けると、長く働いてもらえるという印象を与えることができて良いですね。また、志望している職場の良い面を書くと印象が良くなります。

2. 自分目線の文章が自己中心的にならないように

志望動機について書くときは、もちろん自分目線(主観)で書くわけですが、内容的に自己中心的ではいけません。

×自己中心的な印象です

私は海外旅行が好きなので、前の病院ではなかなか取れなかった連休を取りやすいと聞いたのでこちらの病院を志望しました。

○こう書けば好印象!

看護師や医療スタッフの福利厚生が充実していると伺い、働きやすい職場だと感じました。長く働きたいと考えておりますのでこちらの病院を志望しました。

どの病院も、看護師には定着して欲しいと考えていますから、この病院で長く働きたいという印象を与えるのはとても有効です。

まとめ

看護師不足は長い間続いていますから、転職も楽だろうと考える人も多いようです。
しかし、給与、福利厚生、職場環境などが良い職場なら転職して辞めていく看護師は少ないはずです。
だとしたら、良い職場に空きが出れば志望者も多いと言えます。どこでもいい、という転職では意味がありませんから、少しでも良い職場で働けるようになるために、看護師として履歴書も真剣に書く必要があるでしょう。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと