看護師の転職、自分の理由を突き詰めよう

転職を考えている人は、なにかしらの理由があるはずです。
しかし、多くの人が自分はなぜ転職したいのかという本当の理由を突き詰めて考えることなく、転職に踏み切ってしまうようです。
収入や人間関係の悩みなら、仕事をしているかぎりどんな職場へ移ってもなくならないということくらい、大人ならわかっているはず。
それでも「収入アップしたい」「人間関係が嫌だ」といった単純な理由で転職を考えるのはなぜなのでしょうか。
自分の本当の気持ちを探るための方法を集めてみました。

1. 一人二役を演じてみる

転職したいという自分の気持ちをじっくりと自分でみつめるというのは案外難しいものです。
まず、自分に質問をする人を設定して、自分で演じてみてください。
バカみたいと感じるかもしれませんが、誰も見ていないところでやってみると、案外素直な自分の気持ちが出てくることがあります。
独り言のようにつぶやくことが苦手だったり恥ずかしかったりという人は、紙に書いても同じ効果がありますので、ぜひやってみてください。

「今の職場の何が不満ですか?」
「そうですね、最も我慢できないのはやはり、人間関係ですね」
「どんな関係に悩んでいるのですか?」
「主任の○○さんが勝手すぎて嫌になるんですよね」
「○○さんがどんなことをしたときに嫌になりますか?」

といったふうに、一人で質問とそれに対する答えを言うことで、自分の心を掘り下げていきます。
すると、「あ、この問題は転職したところでまたありそうな問題だ」などと気づくことができますし、「この問題さえ解決すれば今の職場に案外満足しているんだな」とわかって問題解決に向けて行動をとるかもしれません。

2. 突き詰めて考えても転職すると決めたら

どう考えても転職するしかない、転職がいちばんの解決方法だ、ときっぱりと言い切れるなら、じっくり腰を据えて転職活動をしましょう。
しっかり考えたうえで、転職しかないというのなら自分も納得して次の職場をみつけることができるはずです。
一度自分の気持ちを突き詰めたからには、次の職場には何を求めるか、どんな部分は妥協できるかもわかっているはず。明確なしっかりとしたビジョンがあるはずですから、きっと前向きな良い転職につながるでしょう。

まとめ

今現在嫌なことや悩みがあると、転職することでそのことから逃げ出したくなるものです。
しかし、逃げたところでまた、同じような問題が次の職場で浮上してくるのは目に見えていますよね。
とことん転職したい理由を突き詰めることで、今自分がすべきことは転職ではない別のことかもしれない、と気づくことができます。
そして、突き詰めて考えても転職しかないというなら、慌てず納得のいく転職に向けて行動していきましょう。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと