看護師の転職、不安なことは何ですか?

転職をする看護師たちがもっとも不安に思っていることは何なのでしょうか。
転職理由や転職先など、様々な要因があると思いますが、転職を考えている間にその不安を解決できたら気持ちが楽になりますよね。
実際に転職した看護師が不安だったこと、その不安をどうやって解消したかを実際に転職した看護師の声を含めて解説していきます。

1. 転職活動中の不安はこうして解消

「転職は、一人前に仕事ができるようになったらしたいと思っていました。4年目の半ば、病棟看護師の主任にならないかという打診があり、ここで主任になるより転職したいという気持ちが強くなりました。転職への不安は、新しい職場での人間関係でした。わたしの場合、かなり相談に乗ってくれる、エージェントのような転職サイトを利用したので転職先の病院の雰囲気を訊くことができて不安解消に役立ちました」(20代・女性)

「はじめての転職での不安は、収入がちゃんとあがるかどうかでした。専門学校の同期だった友達と久しぶりに飲んだとき、お互いの給料の話になって自分の給料の低さに驚いたからです。結婚も決まっていたし、家族も増やしたいので収入がいちばん気になりましたね。転職サイトの中には、本当に親身になってくれるところもあったので、相手側が言う給与、賞与、その他の条件などを一緒に検討してくれました。手取りがどのくらいになるかなど、わからないと不安だったと思います」(30代・男性)

2. 転職への不安をなくす努力は有効

転職を考えたとき、自分のことばかり考えて転職先を探す人が多いようです。
総合病院の採用担当者によると、条件や給料ばかり尋ねてくる人は長続きせずにまた転職してしまう人が多いとのこと。
反対に、自分がどういった仕事をしていくかのビジョンを持って転職してくる人は、意欲がわかりやすい形で見えると言います。そういった人は不安も小さい人が多いのだそう。自分の努力で不安をなくすということも考えるべきですね。

「うちの病院が併設して老人保健施設をつくることになったとき、一度にたくさんの看護師と面接しました。『来年までにはケアマネジャーの資格を取りたいと考えています』と言ってくれた看護師はやはり採用してからも優秀でしたね。そういった優秀な看護師は手放したくありませんから、必ず給与を上げていきます。主任にして手当をつける、ケアマネジャー取得後はその手当をつけるなどです」

まとめ

転職に対する不安は多かれ少なかれ、誰もが持っているはずです。優良な看護師転職サイトを利用する、自分で努力するなどで不安は解消されるようです。
はじめから高収入を望みたいのは誰でも同じですが、収入に対する不安ばかり抱くより、転職後そこで自分がどれだけ価値のある人になれるか、が大切なようですね。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと