看護師の転職は転職サイトに限る?

転職を考えている看護師がもっとも活用するのが、看護師のための転職サイトでしょう。
自分のキャリア、スキルなどを登録し、さらに転職先に希望する条件などを入れていくことで多くの求人情報から自分にぴったりの転職先を探し出すことができるからです。
毎日忙しく仕事をしている看護師にとってはとても便利な看護師転職サイトですが、転職するにあたって最善の方法なのでしょうか。
看護師の転職サイトについて調べてみました。

1. エージェントの役割を果たしてくれる転職サイト

転職を考えていても、日々の生活や仕事で忙しいと、なかなか求人情報を見て比較して応募して……という活動ができないものです。
そんなとき、転職エージェントとして看護師を支えてくれるというのは魅力です。要望を伝えておき、それに合った転職先をみつけてもらうというだけでも助かりますが、面接の日程の調整や、必要があれば勤務条件の確認など自分では質問しづらいことも訊いておいてもらえます。
ここで有利になるのは、これまでしっかりとキャリアを積み上げてきた看護師です。長く同じ病院に勤め、ある程度の肩書きもあるなどすれば、自分の方から要望を出してもきっと理想の転職先をみつけてもらえることでしょう。
しかし、看護師としての目的も目標もなく、今の職場がいやになってやみくもに転職したいという人は、それなりの職場を斡旋されると考えた方が良いですね。

2. 複数登録とその他の活動でメリットを平均化する

看護師の転職サイトも多数存在しますから、求人を出す側も、いくつかのサイトと契約しています。しかし、すべてのサイトで求人を出しているというわけではありませんから、転職したい看護師は複数の求人サイトに登録することでより多くの情報を得ることができるようになります。
さらに、看護師の転職サイト以外でも、転職活動をしていて損はありません。
転職の目的がハッキリしている場合など、医師や病院スタッフの紹介で転職する方が、自分のことを知ってくれているだけに良い転職ができることもあるからです。
紹介されての転職の場合、転職後の仕事がしやすいというのもメリットです。

まとめ

エージェントとしての役割を果たしてくれるような看護師の転職サイトを活用するとしても、いくつかのサイトに登録することで得られる情報を増やすことが転職の成功につながるのですね。
転職サイト以外でも自分が望む転職を口にすることで、身近な人が協力してくれることもあり得ますから信頼できる人に相談してみるのも良さそうです。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと