看護師の転職に役立てる口コミ

看護師に限らず転職をする人は誰でも、情報を多く集めたいものです。
年間休日や給与、賞与などのように数字で表すことのできる情報は比較しやすいですし、転職にあたって情報として当然手に入れることのできるものです。
口コミという情報は、看護師の転職ではどのように役立てることができるのでしょうか。

1. 看護師の転職サイトについての口コミ

登録する転職サイトを決めるとき、それぞれの看護師転職サイトの口コミを探すというのもひとつの方法です。
ただし、ネット上の口コミはほとんどが匿名ですから、信憑性は低いと考えてください。
本当に転職した人だけが記載できる仕組みになっている口コミ以外はほとんどが、なんらかの意図を持って書かれていますから信用できません。
本当にそのサイトを利用して転職した人がしていると信用できる口コミだけをみつけて比較するように注意が必要です。
なお、看護師の転職サイトへの登録は無料ですから、登録してみて自分が比較するというのも可能です。質問に対する対応の仕方など、実際そのサイトを使ってみることは、ネット上で口コミを探すよりも有効と言えるでしょう。

2. 転職先についての口コミ

転職しようかと考えている転職先について、求人情報以外の情報を得ることができるのが口コミです。
職場の雰囲気や病院などの施設ならその地域での評判など、口コミで得られる情報は数字に表せないものが多くあります。
転職サイトについての口コミ同様、ネット上で匿名の場合の口コミは信憑性が低いので鵜呑みにしないこと。
ネット上ではない、看護師同士の実際の口コミは利用できることも多いでしょう。学生時代の友人や医療関係者などから積極的に口コミ情報を収集すると良いでしょう。
転職を考えていたSさんは、久しぶりに学生時代の友人を集めて女子会を開き、多くの病院の口コミ情報を集めていたところ、そのうちの一人が働いている病院の募集を知り応募して転職に成功したそうです。

まとめ

現代では「口コミ」と言えばネット上でのものを指すようになっていますが、元々は文字通り「口伝えのコミュニケーション」「口頭でのコミュニケーション」という意味です。
つまり、信用できる人の口から直接聞く情報だからこそ信用できたのです。
自分が通っていた学校の生徒もほとんどが看護師として活躍しているのなら、友人たちの声を集めるのがもっとも信用できる情報です。また、看護師以外のスタッフからの口コミ情報も直接聞くことができるなら、転職に役立てることができるでしょう。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと