看護師が転職を考えるほどの悩みって?

転職を考えるようになる看護師は、多かれ少なかれ、悩みを抱えています。
どのような悩みで転職を考えるようになるのでしょうか。また、転職することでその悩みは解決したのでしょうか。
実際に転職を経験した看護師の声を集めてみました。

1. 転職後悩みが解決したケース

「クリニック勤務では、とにかく人間関係に悩みました。親に相談すると『どこに転職してもまた同じなんだから、今の職場で頑張りなさい』と言われ、2年間頑張りましたが円形脱毛症にまでなりました。看護学校時代の友人が働いている総合病院を見学させてもらい、受け入れてもらえることになり、転職しました。それまでの勤務先より忙しく、勉強も必要ですが以前より風通しの良い職場で人間関係の悩みも特になく、転職して良かったと思います」(20代・女性)

「看護師6年目になってもあまり給料などの待遇面が変わらなくて悩んでいました。看護師の友人が勤務する病院で介護老人保健施設を運営することになり、事務長に声をかけてもらいました。実務経験の他に試験に受からないとケアマネジャーにはなれないので、しっかり勉強して受験し、合格しました。訪問看護もできるケアマネジャーとして、納得のいく給料がもらえるようになり、ボーナスもアップ。堂々と有休も取れる職場で大満足です」(30代・女性)

2. 転職後も悩んでいるケース

「先輩には可愛がられる方だったのですが、同僚とうまくいかず人間関係に悩んでいました。必要な情報もわざと伝えられていないように思え、人間不信になりそうで転職しました。転職後の人間関係にも、やはり不満というか悩みはあります。自分にも悪いところがあるのだろうと思うと、暗い気持ちになります」(20代・女性)

「結婚後子供ができて、妻が仕事をパートタイムに変更。収入をアップしたくて介護施設へ転職したのですが、はじめに言われたような好条件ではないように感じています。有休も取りにくい雰囲気ですし、夜勤の勤務時間は3時間長くなりました。残業はあたりまえです。月給の手取りは少々アップしたものの、ボーナスはほぼ変わらないです。これなら以前の職場の方が休みの面など融通が利いて良かったと思います」(30代・男性)

まとめ

転職にいたる悩みは、人間関係に関するものが多いようです。人によっては解決するようですが、そうではない人もいるのですね。
ここで転職して成功している人の共通点は、勉強したり資格を取ったりして、スキルアップしていることでしょうか。
ただ流れに任せて転職するのではなく、今より良くなりたいという気持ちを強く持って転職することが大切なようです。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと