看護師転職サイトを利用するデメリットは?

転職を考えたとき、転職サイトを利用しようと考える人は多いでしょう。看護師の場合にも、多くの看護師転職サイトがあります。

多くの求人を一度に比較でき、ネットを利用することで自宅にいながら時間にも縛られずいつでも情報を得ることができることは便利ですよね。

ところが、看護師転職サイトを利用するのはメリットばかりとは言えません。

どのような店に注意すべきなのか、看護師転職サイトのデメリットをまとめてみました。

1. 求人情報の量にはバラツキがある

看護師転職サイトのしくみとして、病院や施設側が求人を掲載するだけでコストがかかるサイトと、採用になってはじめて紹介料としてコストがかかるサイトがあります。

そのため、選ぶサイトによって求人情報の量はかなり違います。

多くの求人情報を売りにしているサイトは、掲載料が無料もしくは低価格の情報サイトと言えます。また、サイトの老舗具合によって信頼度が違うため、古くから活躍しているサイトには多くの求人が掲載されていることも多いようです。

また、大学病院や大規模の病院では看護師の募集にこういった専門サイトを利用していないところも多いので、『この病院で働きたい』という希望があるなら直接応募した方が良いでしょう。

2. 紹介料がかかるために採用基準が厳しい

高収入を保証しているサイトなどは特にそうなのですが、病院側はベテランの即戦力になる看護師を欲しがっていますから、採用基準がとても厳しい場合が多いです。

ひとり採用がきまるごとに、看護師転職サイトに紹介料が支払われるため、確実に長く働けて、しかもある程度のスキルは期待されるということは仕方のないことなのです。

3. しつこく勧誘がある場合もある

サイトによっては、これから先の求人掲載がなくなってしまったり、看護師の紹介料が入ってこなかったりすると困るという理由で、登録している転職希望者に対してしつこく勧誘する場合があります。

電話をされて迷惑な場合はハッキリとそう伝えてメールのみのやりとりにしてもらうことや、信頼できそうもないサイトなら『採用が決まりました』と言って退会することも時によっては必要になります。

まとめ

ネットの普及により便利になった転職情報の収集ですが、求職者にとってメリットばかりとは言えないようですね。

無理に転職を勧めずに転職情報を掲載しているサイトなどもありますから、まずは自分の目で確かめてみることです。

勤務地の希望が決まっているなら、案外地元の職安などに看護師の求人がたくさん出ていたりすることもありますよ。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと