看護師の転職、1年の中では4月がおすすめ?

できるだけ早く転職をしたい、というほど焦っていない転職の場合、できれば1年の中でもタイミングの良さそうなときに転職したいものですよね。
看護師の転職は、4月がおすすめということはあるでしょうか。
転職経験のある看護師の声からまとめました。

1. 4月は入職ではなく、転職活動のスタートにあてるべき

4月は、たくさんの新人看護師がデビューする月です。総合病院の多くはプリセプターがつきっきりで新人看護師を指導します。
新人看護師の場合、人数が増えたからといってまわりのスタッフの仕事が楽になるわけではなく、自分だけならさっさと終わらせることのできる仕事を、新人に教えながら丁寧にしなければならないという、かえって手間のかかる時期なのです。
そんな状態の職場に、転職していっても、質問があっても皆忙しそうで質問できない、ということになりかねません。あれこれ質問していては、「新人じゃないんだから!」と言われてしまう可能性も。
ですので、4月は転職先を決めて入職する月ではなく、転職先を探し始めるスタートの時期と考えた方が良さそうです。

2. 4月に転職活動をはじめるメリット

4月は、新人がデビューする月であるのと同時に、日本の企業では転勤などの移動も多い月です。看護師には女性も多く、夫の仕事の都合で引っ越しをするということもありますが、企業の転勤は春と秋に多いため、4月には看護師の空きが多くある時期でもあるのです。
つまり、この時期、ベテラン看護師が不足している病院の多くは新たに求人を出しているため、求職する側にとっては情報が集めやすい時期と言えます。
看護師を求人しているたくさんの施設を比較することができますから、4月に転職活動をはじめることにはメリットがあります。
春は情報を集め、どういった職場で働くかを決めていく時期にあて、その後実際に応募したり面接したりという時期を経て、新人も職場に慣れてくる半年後くらいに転職ができると、1年の中ではもっともスムーズに転職ができると考えられます。

まとめ

日本では、学校も企業も4月が年度初めとなります。
働く人の異動ももっとも多い時期ですから、全体にバタバタしていてい落ち着かないシーズンとも言えます。一年の中でどのあたりで転職するかを選ぶ余裕があるのなら、できれば4月は情報収集時期にあてて、より落ちついた時期に転職する方が良さそうですね。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと