40代の看護師は転職するのが難しい?

40代の看護師が転職するのは難しいことでしょうか?
ここでは女性に限った話になりますが、40代の女性が職を求めても、何かしらの資格や技術、特殊な経験などがある場合を除き、通常はなかなか難しいようです。しかし、看護師の場合は40代でも転職は可能です。
総合病院の病棟勤務など、夜勤がある場合には体力の問題も出てきますので個人差はありますが、すでにベテランと言える看護師歴ですから、焦らず転職先を探すべきです。

1. 40代は子育て一段落世代が多い

人によって差はありますが、40代に入ると子育ても一段落し、落ちついてくるという女性が多くなってきます。
それまではパートタイマーやアルバイト勤務として、看護師やそれ以外の職についていた看護師も、正規の職員としてまた復帰したいと考える頃となります。
子ども達も成長し、母親の帰りが多少遅くても、家事を手伝って待っていてくれたりする年代ですから、環境が許せば夜勤もこなしていけるでしょう。
これまでの日本社会では、一人前の男性が、長く勤めた会社からリストラされるということはごく稀なことでした。ところが近年、会社の倒産により職を失うばかりではなく、リストラで自分が望まない退職に追い込まれるということも想定しておかなくてはなりません。
これから学費がかかってくる年代の子ども達を抱えているなら、母親もしっかりとした安定収入があるということは家族を守ることにつながります。

2. 40代の看護師が職探しをする際に注意したいこと

自分では30代の頃とさほど変わっていないと思っていても、40代になると体力はやはり落ちています。
それだけでなく、40代後半~50代では、女性特有の更年期障害など、体調不良に襲われる可能性も高くなってきます。
看護師という仕事が好きな人ほど、「子ども達も手が離れたし、これからバリバリ働くぞ!!」と意欲満々で応募することもあるでしょうが、これからの体調のことも視野に入れ、無理のない転職をして欲しいと思います。
やはり夜勤は、若いうちは平気でも、年を追うごとにつらくなるという看護師が多いようです。後に体調を崩したときに、夜勤のない仕事に異動できる職場であるかを確認しておきましょう。
そうではない場合、無理せず夜勤のない仕事を選ぶということも良い選択です。
赤十字社の献血を担当する看護師や、透析センターの看護師など、探してみると夜勤はないけれど正規の職員という職場は思いのほか多いものです。

まとめ

妊娠、出産に続く育児は、女性にとって最高の幸せであると共に、仕事にとってはあきらかに足かせとも言えます。その足かせがようやくはずれるのが40代。看護師の仕事をセーブしてきた人ほど、やりがいのある現場に早く戻りたいと考えるのではないでしょうか。
しかし、無理をして身体や精神を病んでしまっては、家族に心配をかけてしまって、働くどころの話ではなくなってしまいます。
40代は以前の自分とは違う、と理解した上で、無理のない転職を選びましょう。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと