看護師は2年目で転職しない方がいい?

看護師が初めての転職を考えるとき、2年目は不利になるのでしょうか。
転職したいと言うことは、勤務年数にかかわらず、それなりの理由があることがほとんどです。
看護師歴2年ですでに転職を考えている人たちに、どのようなメリット、デメリットがあるかを解説していきます。

1. 現場の採用担当者はこう考えています

転職したいと応募してくる看護師のどこをもっとも見ているのか、総合病院の採用担当者に訊いてみると、意外なことに「やる気と人柄」という答えでした。
経験や技術は、「やる気と人柄」で、自分が採用した後に学んでもらえればそれでいい、というおおらかな考え方でした。

すべての採用担当者や病院などの施設オーナーがそう考えているとは限りません。けれども、これは看護師に限らず転職する際の本質だと考えられます。

採用を検討しているということは、その企業に人手が不足しているということです。しかし、当座の「誰でもいい」職員で事足りるのであれば、アルバイトや派遣でつなげば済むのです。
つまり、正社員としてきちんと採用したい、ということは、その職場で長く働いて、戦力になってもらえる人を探しているということ。

経験や資格、技術などを持っていたとしても、「いつ辞めるかわからない」ような不安定な人ならば、採用したくはないというのが現場の本音です。

2. 2年目の転職事情をきちんと理解してもらうこと

2年目で転職するよりも、もちろん一通り仕事を覚えて即戦力となる3年を過ぎてからの方が良いでしょう。しかし、人それぞれ事情はあります。どうしても転職したいのなら、応募する職場の採用担当者に「なぜ2年目なのに転職したいのか」を理解してもらうことが必要です。

何度も言うように、採用側は「長く働いてくれて戦力になる人」を必要としているのですから、付け焼き刃のような、いいかげんな理由をでっち上げたりしない方が良いでしょう。
適当にごまかすために「親の介護」や「引っ越し」を理由にすると、後に話していてわかってしまうこともあります。その時に信用を失ってしまいますよ。

人間関係が理由であれば、ある程度具体的に説明する必要もあるかもしれませんが、「先輩、上司が悪い」というようなことは避け、自分の非も認めつつ、別の職場で改めて頑張りたい、とうことを伝えてみましょう。

正直に伝えて採用されないのなら、その職場ではうまくいかないということだと割り切ることも大切です。適当なことばかり口にして採用に至っても、後にそれがバレてしまって信用を失うことになります。

まとめ

看護師としてまだ一人前になっていない2年目の転職は早すぎる、と感じていても、どうしても我慢できないというのなら仕方のないことです。
転職理由は、嘘をつかずごまかさず、けれど他人のせいばかりにせず、「もし採用されたら自分はこれからこの職場でどんなふうに頑張っていきたいか」を中心に、前向きな内容を話しましょう。
素直に面接を受ければ、きっと採用担当者にも理解してもらえるはずです。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと