看護師が転職して良かったと実感するとき

転職が多いと言われる看護師でも、やはり職場を変えるのは人生の中での大きな出来事のひとつです。希望もありますが、不安も大きいことでしょう。
転職経験者が『転職して良かった』と実感するのはどんなときなのでしょうか。
それを参考にして自分の転職も『転職して良かった』という結果になると良いですね。
転職経験者のインタビューをまとめて解説していきます。

1. 収入面が良くなって良かった!

「休日や残業の条件、仕事内容はほぼ同じなのに、給料は手取りで月に3万~5万円はアップしてますし、これからもらうボーナスもかなり出るらしいです。年収でいうと100万円近くアップしたことになります。転職して良かったです」(30代・女性)

「総合病院から精神科の専門病院へ転職しました。はじめは気持ち的につらくて大変だと感じましたが、約1年経った今では仕事にも職場にも、患者さんの特性にも慣れ、余裕ができてきました。元々収入アップが目的でこの職場へ転職したのですが、年収は80万円以上アップしましたね」(30代・男性)

給料はやはり、仕事のやりがいとは別にしても、多ければ多いに超したことはないですよね。転職で収入アップが叶うとやはり『転職して良かった』につながるようです。

2. 希望が叶って良かった!

「結婚したら夜勤はしたくなかったので、自宅から近いクリニックへ転職しました。お昼休みも長いので、昼休みに買いものしたり、朝干したふとんを取りこんだり、ちょっとした家事をしておくこともでき、仕事も新婚生活も楽しんでいます。看護師のお仕事にもいろいろあるんだなあ、と実感しました」(30代・女性)

「自分自身美容整形にとても興味があったので、看護師歴4年目で思い切って転職しました。新しく学ぶことも多く、考えていたよりは厳しい面もありますが、転職して良かったと思います。自分のまぶたを二重にするプチ整形は転職後すぐに施術を受けました」(20代・女性)

自分の生活の変化に応じた働き方に変える、自分が興味のある分野に転職するなど、看護師の転職には様々な理由があることがわかりますね。希望が叶う転職ならもちろん『転職して良かった』と言えるでしょう。

まとめ

『転職して良かった』と思いながら仕事をするのと、『ああ、転職失敗したな』と思いながら仕事をするのでは、同じ仕事でもストレスのかかりかたが違いそうですよね。
あらゆる面が良くなる転職というのはほとんどないでしょうから、自分が望む転職はどのような転職なのか、きちんと目的を持った転職をした人は『転職して良かった』と言えるのだと思います。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと