看護師の転職、パートになると楽ですか?

転職を考えている看護師の中には、今がキツすぎる、疲れるし大変すぎる、という人もいるでしょう。せっかく取得した看護師の資格ですから、無駄にせず勤務時間を決めることのできるパートで看護師として働くという選択肢もあります。
実際、パート勤務は楽なのか、現場の声を交えながら解説していきます。

1. パート勤務は主婦にピッタリ?

以前は夜勤も含めたフルタイムで看護師をしていたけれど、結婚や妊娠、出産を機にパート勤務になったという看護師の声です。
「子どもがすぐに欲しかったので、結婚と同時に以前勤めていた病院を辞め、自宅近くの総合病院でパート勤務をはじめました。仕事は主に、外来患者さんの問診や案内などです。とくに不満があるわけではなかったのですが、子どもがなかなかできなかったので、パートになるなら妊娠してからでも良かったと思いました」(30代・女性)
「看護師は時給が良いので、パート勤務でもすぐに配偶者控除の枠を超えてしまいます。はじめは、総合病院の外来でパート勤務をしていましたが、もったいないような気がして、単科クリニックへ転職。ボーナスも出るようになったし、フルタイムと言っても残業もないので保育園のお迎えも間に合うし、良かったと思います。パート勤務になる前によく考えれば良かったです」(30代・女性)

2. 看護師としてのやりがいには疑問

同じように、以前はフルタイム、夜勤ありだった看護師がパート勤務をしたときの感想です。
「総合病院の外来で、診察時間だけパート勤務するようになりましたが、入院患者さんのようにコミュニケーションを取る時間もないため患者さんに名前を覚えてもらえることもなく、なんとなく寂しい気がします。やりがいは、ほとんどないですね」(30代・女性)
「パート勤務として転職後は、他の看護師とコミュニケーションを取る時間がなく、もちろん飲み会などのプライベートな機会も参加できないため、孤独を感じています。ちょっとしたことを質問したくても、みんな忙しそうで声をかけにくく、仕事しづらいと感じるときがあります」(20代・女性)

まとめ

看護師の資格を求められる職場は多いですし、立派な専門職ですから他の職業のパートタイマーに比べ、時給はとても高くなっています。しかし、元々看護師になりたくて頑張ってきた人たちにとって、パートの仕事は「確かに楽だけれど。。。」となにか割り切れない部分が残るようです。仕事のやりがい、がないのかもしれませんね。
入院設備のないクリニックなどでは、日中だけの短い時間の勤務という仕事もありますから、パートで仕事を探す前に、そうした施設が求人を出していないか調べてみるのも良さそうです。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと