看護師の転職先の選び方、どうしたらいい?

転職先をみつけるために、看護師転職サイトをのぞいてみても、多くの転職先の中からどのように自分に合った転職先を選んだら良いのかわからない人も多いようです。

転職に失敗して後悔しないためには、自分の希望をはっきりさせることが必要です。

まずは紙とペンを用意して、自分の気持ちを書き出すことからはじめましょう。

1. 自分のための時間をとりましょう

看護師には女性が多いですが、仕事を持つ女性のほとんどは、忙しさのためにゆっくり自分と向き合う時間を持てずにいるようです。

転職を考えるなら、すぐに転職サイトを探すのではなく、まずは自分と向き合う時間を作って、自分の気持ち、転職への希望をハッキリさせることが大切です。

パソコンの電源を切り、テレビもラジオも消します。電話もマナーモードにしましょう。

自分と向き合うとき、紙に考えを書き出すことで、客観的になれます。書く物を用意して、落ちついて座ってください。

そして、紙を縦半分に折るか、真ん中に線を引き、左側のいちばん上に『私が看護師としてやりたい仕事』、右側に『私が看護師としてやりたくない仕事』というタイトルを書きます。

はじめは何から書いたらいいかわからないかもしれませんが、誰に見せるものでもありませんから、恥ずかしがらずに思いつきからどんどん書き出すことです。

最近あった嬉しかったこと、嫌だったことなどを具体的に書いていってもかまいません。時間をかけて書いていくと、きっと自分の本当の気持ちがわかってきますよ。

2. これだけはゆずれないという条件を決めましょう

紙に書き出したことを眺めて、自分は看護師としてこういうふうに働きたいのだと言うことを、また書きだしてみましょう。

Aさんの場合は
・患者さんに直接お礼を言われたときが何より嬉しい
・夜勤の後は達成感があって好き
・平日に休みがとれることは便利でいい
・収入は年収500万円を超えたい
・看護師同士がイライラしているのは嫌だ

Bさんの場合は
・子どもが中学を卒業するまではできるだけ一緒に過ごしたい
・夫と共通の趣味であるゴルフを続けるために高収入は魅力がある
・最近は夜勤の後頭痛がするし疲れがとれない

Aさんは、『病棟か外来で患者さんとのコミュニケーションをとれる仕事』『夜勤があること』『年収500万円以上』がゆずれない条件となりました。

Bさんの場合は、『夜勤はない方が良い』『週末は確実に休める』という条件がゆずれないことだそうです。

まとめ

忙しく日々の仕事と生活をこなしていると、自分の気持ちをゆっくり考える時間を持てないものです。疲れていてもついテレビをつけてしまい、なんとなく一日を終えているという人も多いはず。
転職を考えるなら、邪魔の入らない時間を作って、自分と向き合うことが大切ですよ。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと