看護師として転職することの長所

看護師として転職するとき、他の仕事に比べてどのような長所があるのでしょうか。
転職というのは、より良い人生を手に入れるための大切なターニングポイントです。自分にとってどんな転職がベストなのか、しっかりイメージをつかんでから行動することで、後悔や失敗を避けることができるでしょう。

1. 転職によって収入が減ってしまうことが少ない

看護師として転職する場合、自分が希望しない限り、収入が以前より減ってしまうということはほとんどないと言えるでしょう。

自分から希望する、というのは、例えば家庭の事情により夜勤を減らす、夜勤をしない、パートタイムに変更する、などのことです。

看護師は、高齢化社会ではいつでも不足しています。転職するときにきちんと自分のキャリアをアピールすることができ、面接で良い印象を持たれれば、以前より好待遇になることの方が多いのです。

2. 様々な職場から転職先を選ぶことができる

他の技術や資格に比べ、看護師は働ける職場がたくさんあります。

病院がもっとも多い職場になりますが、老人介護施設や保育園の他、公務員として市の職員や自衛隊の職員として働くこともできます。

自分がどの分野でキャリアアップしていきたいかによって、様々な働き先を選ぶことができます。

安易な転職を繰り返さないために、また、キャリアを重ねてより収入をアップするためにも、自分に向いている職場をみつけることは看護師にとって必須となるでしょう。

3. 環境の変化があっても続けられる

看護師の仕事は、女性の多い職場です。女性は結婚、出産、育児、介護など家庭の事情で働く時間などが限られることがあります。

そんなときでも、看護師の場合は仕事を続けることができます。

クリニックなどの小規模な医療機関に勤めて、日勤だけにすることもできますし、大きな病院でパートタイマーとして働くこともできます。

もちろん、やる気のある女性なら、産休、育休をとって、それまで通りに働くという選択肢もあります。

また、看護師は様々な場所で必要とされていますから、たとえパートになったとしても、時給は高いので、収入としては満足のいくものになるでしょう。

まとめ

看護師の資格を持っていると言うことは、転職するに当たって素晴らしい長所になるということがおわかりいただけたことと思います。

ただ、安易に高収入に飛びついての転職を繰り返していると、自分にとってのキャリアが積み重なっていかない場合もありますから、自分はどんな働き方をしたいのか、どのような看護士を目指しているかを常に確認しながら、後悔のない転職をしたいものです。

Pocket

転職の流れ

ステップ1:まずは転職するかどうかを決めよう

ステップ2:転職の基礎知識を身に付けて転職を有利に進めよう

ステップ3:転職サイトを上手に使おう

ステップ4:転職先を決めよう

病院・施設選び

他業種への転職

ステップ5:書類の準備をしよう

ステップ6:面接に備えよう

ステップ7:転職後にやるべきこと